menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. ≪開発完了!≫【お金に恵まれる為のアプリ】のお知らせ
  2. 嫌いになった自分を嫌いにならなくて良い
  3. 優しい人に見られるって
  4. めちゃめちゃ夢を叶える人から教わった「ドラゴンボールの集め方」
  5. 「夢中になれること」の見つけ方
  6. 自信なんていらない
  7. いいかみんな2
  8. いいかみんな
  9. 女子力
  10. やる気とかモチベーションを気にしなくても凄くなる方法
閉じる

本田晃一オフィシャルサイト

悩みが、どっかにいっちゃって行動出来るコツ

悩みの渦にはまり動けなくなる。
いわゆるスタックした状態になって、なかなか抜け出せない。

そりゃ生きていれば、そんなことも起きるよなぁ。

なんて呑気な事言っててもさ、心がぐにゅぐにゅぅぅっとして脱出出来ない。

脱出して動きが取れたら、どんなに楽で楽しくなるんだろう。

でもでも。。。それが出来ないから苦しいんじゃん。

実は僕にもそんな感じでスタックしている部分があったのだ。
でも、スタックしていたことからアッサリ脱出する方法を入手して感動したのでシェアしますー

ああ、ちょっと嫌な気持ちだなぁ
これ思い出すと辛いわぁ

と思ったら、イメージの中でビデオデッキを登場させます。
今の嫌な気持ちの場面から、嫌な出来事が起きる前の状態まで、ビデオテープに映像を浮かべながら巻き戻しするイメージを作ります。
そこで一時停止して、「ああこうなったら良いのになっていのにな」という映像を再生します。

たったこれだけ。
拍子抜けするくらい、これだけ。

すると何だか心がふっと軽くなる。
現実が変わったわけじゃないのに心が軽くなったから動けるようになっちゃう。

動けるともうスタックしていない。
だから悩んでいない。
行動できちゃう。

あれれ?

この情報を教えて下さったのは心の専門家・矢野惣一さん

今月17日に、矢野惣一さんと夕食をご一緒させて頂いたのだ。

以前、僕のコンサルを受講して下さったカジちゃん(加治木さん)が矢野さんを紹介して下さったのだ。
カジちゃんは、矢野さんの元で様々な心のメカニズムを学んでいて、時折、その情報をシェアしてくれていた。

その情報がとても有意義で、フェイスブックで矢野さんとつながったことをキッカケに、矢野さんのメルマガやブログを読み始めたのだ。

かなり参考になる部分があって超感動。

すっごい感動したことをお話しさせて頂いたら、とても話が弾み、翌日講演があるということで、早速参加させて頂きました。

太っ腹にも、そこで学んだことを書いても良いそうなので、シェアさせて頂きますー

今紹介させて頂いた、嫌な出来事を、良い出来事に映像として書き換えるというテクニックをご存知の方は多いかと思います。
寝る前とか起きてすぐとかにやると良いって話は僕も前から聞いていました。
いわゆるアファメーションみたいなものですよね。

矢野さん 「それよりも、嫌な出来事が出てきた時にイメージするのが一番です。だって、その時の嫌なファイルが開いている状態ですからね。
開いている時に上書き修正するのが一番です。他のタイミングだと、そのファイルを奥にしまったまま上書きするので、良い効果を得られないんです。」

ふむむー!
凄い!シンプルだけど凄い。
聞けば当たり前なんだけど、この当たり前を発見するのが凄い!

昨日のお昼に、山崎拓巳さんとランチをして、この話をしたんです。
すぐに拓巳さんは目をつぶりながら嫌な出来事をイメージしながら修正し

「おお、ほんとだ!凄い凄い!軽くなる!動ける!!」

てか、話を聞きながら即実行されているのは流石!
こういう話をしても、「へー、面白い話聞いたー、今度やってみよう!」って人が大半ですけど、いつも良い結果を出している人はすぐにその場で実践しちゃう。

是非、嫌なシーンを思い浮かべてやってみてください。

で、プライベートな悩みを解決して動けるようになったのですが、僕には他にも悩みがありました。
それは、僕のキャパを超える領域で悩まれている方や、スタックしていらっしゃる方のお話を聞いていると、どうしても気持ちを汲み過ぎてしまい、一緒に悩み疲れも大きくなってしまうのです。
自分のコンサルでは、ほぼ起こることが無いとは言え、これをどうしたらいいんだろう?ってずっと疑問に思っていました。

矢野さん曰く
「疲れてしまうのは、相手を良くしてあげようと思うからです。この人を変えようとか思うと疲れます。だから私は相手の希望にフォーカスするのです。この人の希望は何だろう?すると疲れないし、ああ人間って素晴らしいなぁと思えるんです。」
と満面の笑顔を浮かべながら話されるのを見て、ふほほー。なるほどぉ!と思えたわけです。
で、実際にやってみたら全然疲れない。

相手を良くしようと思うのは一見、善行のように思われます。
でもね、深い部分では「俺の生き方の方が正しい。だからこうしろ。」
とか「こんなことばかりしてちゃダメだ。早くこうしろ」とか「お前は間違ってる」と、かなりエゴな部分があることを発見。
エゴは自分を苦しめちゃうからね。

以下、矢野さんのブログより抜粋
http://ameblo.jp/mentalconsultant/entry-11104652771.html

◆ 【心構え】ではなく【質問】

純粋に相手のことを思いやっている時、
私は無意識のうちに自分自身に次の【質問】をしていました。

「この人は、私に何をしてもらいたいのだろう?」
「この人は、本当は何をしたいのだろう?」
「この人は、私にどんな気持ちを分かってもらいたいのだろう?」
「この人にとって、どうなるのが幸せなのだろう?」
「この人は、本当はどうなりたいのだろう?」

そうです。
もうすっかりお馴染みになりました Feel、Do、Be の質問です。

そして、逆に相手を否定している時、
私は無意識のうちに自分自身に次の質問をしている
ことにも気が付いたのです。

「この人のどこが間違っているのだろう?」
「この人は、どんな間違った思い込みをしているのだろう?」
「この人は、どう変わるべきだろう?」
「この人に自分の間違いに気付かせるには、どうしたらいいだろう?」

===以上抜粋させて頂きました===
注釈
Feel 気持ちを分かってもらえない。
→どんな気持ちをわかってもらいたいのか?

Do 望むことをしてもらえない、できていない。
→ 何をしたいのか?何をしてもらいたいのか?

Be 望む状態になっていない。
→本当はどうなったらいいのか?
==================

ふほほー!
なるほど!

これを山崎拓巳さんとランチしながらシェアしたら

拓巳さん 「僕ね、偉い人とか凄い人に会うと、好かれなくちゃ、良い人でいなくちゃって思って凄く疲れちゃうんだよね。じゃぁ相手の希望にフォーカスしたら、疲れなくなるかも!」

うーむ、凄いぞ。
毎回思うのだけど、拓巳さんは、1つの情報を得ると、なんで色んなものと結び付けられて、どんどん応用できちゃうのだろう。

僕は定期的に拓巳さんへ情報をシェアしていくのだけど、拓巳さんの脳を活用していくと、その情報がどんどんアップデート出来るから、楽しくて仕方無いのだ。

晃一 「ああ、僕は偉い人とか凄い人の希望を聞くのが大好きで、それでいつも
そういう人から可愛がられるのか!知らなかった(笑)」

拓巳さん 「晃ちゃんは、もともと出来てるから良いじゃない!」

晃一 「いや、調子の良い時だけですよ。調子悪い時、そういう発想にならないっすよ。拓巳さんが言語化してくれたお蔭で、ちゃんと思考できるようになれたから、調子の悪い時でも再現出来ちゃいますー!ありがとうございます」

思考は、言語の後に伴うので、言語化出来ると思考っていつでも再現できるんですよね。

それどころか拓巳さんは言語化プラス映像化もしちゃう。
僕が矢野さんから聞いて話すと、それをすぐにイラストにして記録しちゃう。

takumisan
すげー!(笑)

それと、矢野さんから教わったまだ素晴らしいことがあって

人は、他人のことを100%理解することはできない。
けれど、「この人は私のことを理解しようとしてくれている」
と思えた時、人は癒される。

ということです。

以前矢野さんがクライアントさんの悩みを聞くと、それはそれは壮絶な出来事があり大きなトラウマになっていたそうです。
自分の人生経験とはかけはなれた出来事で、とても分かってあげられるレベルじゃなかったそうです。

ただただ一生懸命理解しようと、一生懸命聞いたそうです。
それでも
「ああ、今回のセッションは失敗だったかも。理解してあげることが出来なかった。。。」
と思われたところ、クライアントさんが
「矢野先生だけです。私のことを一生懸命理解しようとされた人は。他の人に相談しても、考え方を正そうとしたり、諭したり、変えようとばかりしていたんです。だから一生懸命理解しようとされたことが、とても嬉しいんです。ありがとうございます」
と言ったそうです。

だから

人は、他人のことを100%理解することはできない。
けれど、「この人は私のことを理解しようとしてくれている」
と思えた時、人は癒される。

と思うように至ったそうです。

人が人生に絶望する時は、「自分のことを理解してもらえない」ではなくて、「自分のことを理解しようとする人がいない」時だそうです。
なるほど、そうですよね。

友人で書道家の武田双雲さんが言ってました。

「僕はね、優しいって字が大好きなんだよ。
(イ・人偏を指さし)人が、憂いてる人の傍に寄り添ってるじゃない。
この間(人偏と憂の間を指さし)が、優しさの正体なんだよ。
優しいという字を、この字にした人の優しさに、いつも感動するんだよね。」

2011年、日本も世界中も本当に大変な出来事がありました。
傷付いた人がいたら、相手を一生懸命理解しようとするだけで前に進めるかもしれません。
大変だからこそ、希望にフォーカスをすると辛さが和らぎ共に前に進めるかもしれません。
日本、いや世界の為に、少しでもお役に立てられると嬉しいです。


メルマガ書いてます!登録はこちらからどうぞ!

メールアドレス: (必須)

空メールでも登録できます。
mm-kochan@jcity.com


メルマガの転送・転載はご自由にどうぞ。
承諾は不要です。あたかも自分の発言かのように言っちゃってもOKっす。
ようはこの考え方が広まれば嬉しいなぁと想っているんです。
13965名様(2017年10月21日現在)

広告を一切しないで1万人以上読者の方に読まれているのは
皆様の口コミのお陰です。
広めていただいたことに感謝します。m(__)m
ご愛読本当にありがとうございます。

本田晃一

関連記事

  1. クリスマス、彼、彼女とラブラブで過ごす方法

    クリスマスにラブラブになるには?

  2. 犬飼ターボさんと

    理想の友人を作る方法

  3. 大変な状況や問題が続くときには、ここをチェック!

  4. 与えるから与えられる

    メンターの見つけ方、夢の実現の仕方、運の上げ方

  5. 仲良し夫婦

    良い夫婦になるには? 良い結婚をするには?

  6. 43938ee3

    幸せな交渉術

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

読むだけで売上げが上がり、好きなことも見つかる無料メールマガジン
既に1万5千人以上の方が学びはじめています。
メルマガ読者の方限定で、時々プレゼント企画もあります。

メールアドレスを半角でご記入下さい

ピックアップ記事

  1. 「お金に恵まれる人って、何が違うんだろう?同じ人間なのに・・・」…
  2. o1280085313773734228
    「好きになるのに理由はいらない」と同じで「嫌いになるのも理由はいらない」嫌いになった自分…
  3. o1280085313773539166
    優しい人に見られるって、人から好かれそうで魅力的じゃんビバ好感度アップ!って感じでw…

本田晃一の著書

  1. 「日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと」

    「日本一の大投資家」と呼ばれている竹田和平さんから学んだことをまとめた大切な一冊です。

  2. 「自分を好きになれば、人生はうまくいく」

    「好きなことをする時間がほしい」「好きな仕事をして収入を増やしたい」「自分は本当は何がしたいんだろう?」「自分のことをもっと好きになりたい」……。人生がどんどんいい方向へ変わっていった66の魔法をまとめました。

    【アマゾンアソシエイトについて】
    hondakochan.comは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。











ページ上部へ戻る